トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 2月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は3/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 2007年1月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治・官僚 経済 社会・文化 国際 メディア・医療
早耳人事 トップの視点 連載

<政治・官僚>  「安倍経済」で大企業が笑い国民が泣く
安倍政権発足から3か月あまり。至るところで綻びが見え始めているが、「経済音痴」と安倍首相が揶揄されるように、とくに経済政策での粗が目立つ。「いざなぎ景気」を超えるほどの好景気ならば、なぜ個人の所得は増えないのか。ここに「数字のトリック」があった。

<政治・官僚>  石原都知事 平沼赳夫と組み国政壟断へ
参院選が行われる'07年7月までに都知事を辞任、平沼赳夫氏を巻き込む形で「石原新党」を旗揚げし、石原・平沼グループをもって第3勢力とする――新プランが進んでいる。そこに亀井静香氏、国民新党のメンバーも参加して……。

<経済・ビジネス>  畔柳信雄三菱東京UFJ銀行頭取「内部統制ゼロ」の危機
資金洗浄の監視体制が十分でないと米金融当局から2度も改善命令を受けた。国内でも金融庁がアコムの検査に入った'06年8月、三菱東京UFJはアコムと共同でインドネシアの中堅銀行を買収。呆れた唯我独尊体制を衝く。

<メディア>  大新聞を襲う「無料化・電子化」の激震!
日本でも宅配無料紙が登場し、全国紙は危機感を隠さなくなった。産経新聞を皮切りに、電子新聞など新媒体への進出を行う一方、新聞業界内からは「消費税値上げが新聞淘汰の始まり」という声が上がってきた。

<社会・文化>  司法の常識-違憲判決は退官覚悟でしろ

画期的な判断の裏で、自殺した判事には、「上からの圧力」があったという。その圧力を無視して違憲判決を出した裁判官は、出世の道を閉ざされることもある。これは日本の裁判そのものが問われる事件なのだ。
ページトップへ

大型連載カネボウ崩壊の真実(4)
産業再生機構は興洋染織事件を黙殺した
-
カネボウの新経営陣に興洋染織の元取締役・清算人を加えておきながら知らない振りを-
(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
慢性疾患としてQOL向上へ
分子標的薬の「病勢安定」が癌患者を救う
−腫瘍を「完全寛解」するわけではないが成長を抑制し少ない副作用で驚異的な効果−
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
・ 「安倍経済」で大企業が笑い国民が泣く
なぜ消費回復が遠のくか ときの政権に籠絡された経済学者らの「数字の操作」を斬る
・ 「やらせ公開討論」は電通の仕切りだった‐政府の無責任極まれり
・ 年金改革「公務員優遇」維持の裏技を暴く‐人事院報告書は「官尊民卑」
・ 中川秀直自民党幹事長 安倍首相操縦で狙うもの‐中国要人とのパイプを生かす
・ 本間正明政府税調会長を生んだ北新地「接待」‐愛人同棲騒動の波紋
・ 石原都知事 平沼赳夫と組み国政壟断へ‐田中康夫が知事選出馬に動くが
・ 亀井静香が繰り出す「自民分断」の秘策‐安倍政権の迷走を睨み
・ 【主張】 安倍首相は「美しい国」をどう作るのか 菅沼 光弘(元公安調査庁調査第二部長 アジア社会経済開発協力会会長)
 
 

・ 畔柳信雄三菱東京UFJ銀行頭取「内部統制ゼロ」の危機‐海外でマネロン、国内で同和問題
・ 北尾吉孝SBI社長「グレー手法」の行方‐国税当局に目を付けられた
・ 藤重ライオン社長「空白の10年」挽回へ‐官僚OB前社長で停滞
・ 大型連載 「カネボウ崩壊」の真実(4) 産業再生機構は興洋染織事件を黙殺した
・ 国際協力銀行は財務官僚の物ではない‐再編・統合の既定路線に待った
・ セブン銀行「ビジネスモデル」成功の秘密‐提携金融機関540社の脅威

 
 
・ ホリエモンを生んだ「時代と大衆」の罪‐所詮子どものマネーゲーム
・ 司法の常識-違憲判決は退官覚悟でしろ‐「住基ネット」判事自殺の背景
・ 創価学会=池田教「粛清の嵐」が始まった‐原田新会長のもと
・ 企業を悩ます「内部統制基準」の曖昧さ‐中小企業には大打撃
・ 日教組31年ぶり「非常事態」は当然の報い‐日本の教育現場を歪めた
・ 自治労-行政現場を歪めた「金とポスト」‐異常な支配力を暴く
・ 司馬遼太郎でさらに儲けようとする奴‐“神様”に祭り上げたうえ
・ 横浜市指導主事の「いじめ対策」に学べ‐文科省から教育委員会まで
・ 山田洋次の「キムタク起用」は失敗だった‐『武士の一分』評価の分かれ目
・ 中高年を狙う「チョイ豪華旅行」の実態‐メディア&旅行業者も入り乱れ
・ 「少女買春」に走る「大人子ども」急増の背景‐ネットが誘発する危険な遊戯
・ 自分で「新しい葬儀」を決めた人の胸中‐「家族葬」から「生前予約」まで
 
 
・ 大新聞を襲う「無料化・電子化」の激震!‐どの全国紙が残るのか
・ NHK「命令放送」の阻止謀る言論人の愚‐拉致被害者への情報発信は当然だ
・ 共産党と「赤旗」のもの凄い情報&取材力‐タウンミーティングから都知事外遊まで
・ 日テレを震撼させた「巨人戦凋落」の波紋‐番組改編も大失敗へ
・ 分子標的薬の「病勢安定」が癌患者を救う‐慢性疾患としてQOL向上へ
・ 渡辺恒雄「読売グループ最後の大指令」への執念
ついに「私の履歴書」に登場 「オレはもう死ぬかもしれない」と周辺に洩らし「5大改革」を提言
 
・ プーチン大統領「新スターリン国家」への途‐暗黒時代再び
・ 北朝鮮の物資は万景峰号→中国籍船へ‐情報・医薬品・高級食材も
 
ページトップへ

ソニー/日本興亜損保/経済同友会/松井証券/日立金属/金融庁/郵政公社ほか   上村 茂 オンワード樫山社長
ブランド戦略でファッション界の「常識」を超える
ページトップへ

・ 日本警世 「日本の復活」を喜ばない朝日新聞と松本健一の愚 帝京大学教授 高山正之
・ 人間面白学 「余暇ビジネス」分析から将来を予測する 尚美学園大学教授 井原 哲夫
・ 「原子力発電」最前線を行く69 自然エネルギーと共通する「原発の価値」
・ 姿勢 トップは「公私混同」を恥じよ
・ THEMIS EYE 「ポスト安倍」に最も近い麻生太郎外相の旗揚げ
・ THEMIS LOBBY 「男と女の関係」は杉田亮毅社長に倣え
・ メディア往来 テレビの「映像」が示す単純事実は『事実』ではない
・ ニッポン@世界 旧制教育が「同義」を担ってきた
・ 単刀 目覚めよ、日本のマスコミ人
編集後記

ページトップへ

表紙/山田 宏 カット/遠藤 きの子
写真提供/共同通信 毎日新聞 産経新聞 UPI・サン MUNEクリエイティブ

 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。