トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 12月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は1/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 新年金法‐高齢者は下がり若者は上がる
政府・与党が「将来世代の給付水準確保法案」と呼べば、野党が「年金カット法案」と反論し対立した「新年金法」が今国会で成立する見通しになった。だが騙されてはいけないのは、双方とも抜本的改革を棚上げしての議論だったのだ。国民を蔑ろにするようになった遠因を探ると……。

【政 治】 蓮舫‐極秘文書が「親中国姿勢」の闇に迫る
一部のメディアは蓮舫氏の「二重国籍問題」を社会の多様性の問題にすり替えて報道するが、おかしい。本誌は公安情報に基づく極秘資料を入手し重大な疑惑を掴んだ。ジャーナリスト時任兼作と本誌取材班による特別レポートをお届けする。

【政 治】 小泉元首相「脱原発」で「進次郎首相」を企む
東日本大震災時、「トモダチ作戦」に参加し被曝の影響に苦しむ元米兵のため、小泉純一郎元首相が支援基金を立ち上げた。目標の1億円も達成したが、氏が城南信金総合研究所の名誉顧問として「脱原発」に拘るのは息子・進次郎氏の首相実現にあるという。

【政 治】 丸川珠代五輪大臣‐「小池後」狙うしたたか戦術
小池都政に不満を持つ都民が徐々に増えるなか、丸川珠代五輪相が動き出した。安倍首相の信頼を得て大臣に就任したが意外や計算高い。自民党都連のドン・内田茂都議に可愛がられるなどジジイキラーのほか母子家庭で育った苦労人の一面もある。「五輪開催時の都知事」との声もあがるが…。

【経 済】 孫正義「サウジと10兆円ファンド」で躓く
国策会社サウジアラムコの株を保有するサウジ政府系ファンドが450億ドル出資するというが、アラムコの株式公開は中・下流部門のみで上流部門は公開しない方針のため、出資計画は頓挫する可能性が大きい。孫氏はそれを知ってか知らずか、いつもの大風呂敷を広げた。

【社 会】 「インサイダー」の誘惑が奪う人生と名誉
10月下旬、ある大学名誉教授のインサイダー取引疑惑が一斉に報じられた。彼は大手商社元取締役、東京工業品取引所元市場取引監視委員長などを歴任しており、その人脈を使って株式の情報を得ていたことは容易に想像できる。しかし、インサイダー取引は必ず露見しその後の人生を台無しにする。

【社 会】 安倍昭恵‐「沖縄大麻人脈」が危なすぎる
安倍晋三首相夫人の昭恵さんの言動が波紋を呼んでいる。大麻所持疑惑で逮捕された女優の高樹沙耶被告との親しい関係や沖縄の基地反対派との交流など、首相も頭を抱える奔放ぶりを取材すると、とんでもない実態が飛び出した。

【国 際】 ≪スクープ≫ロシア‐択捉に「核基地」を極秘に建設中
ロシアが国後、択捉両島にミサイルを配備したことが世界に衝撃を与えている。だが、既に米国防総省は衛星監視データなどから、択捉島に大量の軍事物資が搬入されている情報を入手していたという。実際、今年3月、ロシアの国防相は同島への海軍基地建設の方針を明らかにしている。近海を航路とするロシア原子力潜水艦から、核弾頭搭載可能な弾道ミサイルの発射も可能になるのだ。

ページトップへ

小泉進次郎新提言が党内の大反発呼ぶ
経済財政構想小委を率いて
若手議員らの提言は将来を見据えているが政府や自民党幹部は空論と無視へ

都庁記者クラブが3知事を増長させた
石原・猪瀬・舛添の驕りと不正
都知事と都庁幹部のやりたい放題を見逃してきた記者たちの癒着と怠慢を衝く

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
慢性疾患としてQOL向上へ
分子標的薬の「病勢安定」が癌患者を救う
−腫瘍を「完全寛解」するわけではないが成長を抑制し少ない副作用で驚異的な効果−
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
新年金法‐高齢者は下がり若者は上がる
物価&賃金に連動する改革だが
支給額の高低差が大きいが抜本的改革は置き去りのまま「100年安心」とは?!
 
 
・小泉進次郎「農協改革」に反対勢力が立つ ・塩崎厚労相「年金滞納者」から強制徴収へ‐脱税に等しい保険料滞納80万社最大10兆円の徴収を先に!
・鈴木宗男の腕力‐北方領土は戻るか?!‐日ロ首脳会談に向けロシア人脈を駆使する男
・蓮舫‐「二重国籍」と「政治オンチ」で自滅へ‐「選挙用」で代表になったが自身の疑惑には答えず
・小池都知事「豊洲&五輪」は不発だった‐マスコミは「小池劇場」と騒ぐがただのパフォーマンス
・橋下徹&日本維新 仰天秘策で総選挙へ‐「自民党の補完勢力」から脱却し国政で大暴れすると
・【政官界パトロール】安倍政権の失政を待つ財務省の魂胆──ジャーナリスト 横田由美子
・【是是非非】参議院議員は地域代表であれ‐「1票の格差」是正は憲法改正を視野に進めろ
 
 
・孫正義「サウジと10兆円ファンド」で躓く
・創業家3経営陣「対立・内紛」の元凶を衝く‐大戸屋や出光興産は後継者争いを回避した企業に学べ
・澤田HIS会長&柳井ユニクロ会長「社長復帰」の本心撃つ‐一度は後継者に任せても「俺ならもっと」と再登板
・岩田規久男日銀副総裁に迫る「無惨な退陣」‐リフレ派の「敗北宣言」までした揚げ句に命運尽きるか
・三菱重工「宮永俊一改革」を襲う四重苦‐巨大企業に大鉈を振るうが積年のウミが噴き出して
・日産‐新EV(電気 自動車)+三菱自収め猛攻勢へ‐剛腕を振るうゴーンCEOの世界戦略が加速する
・≪経済短針≫ コンビニ「陣取り合戦」の熾烈‐セブン&アイは経営体制を刷新し沖縄・関西・中国攻略へ
 
 
 
 
 
・都庁記者クラブが「3知事」を増長させた
・「インサイダー」の誘惑が奪う人生と名誉
・大学レイプ事件は甘えと隠蔽が生む‐東大・慶應・早稲田など大甘処分ですませる大学にも問題あり
・西川克行新検事総長が担う「大改革」成るか?!‐「国民の負託に応える」と語り期待は高まるが
・創価学会‐東大3創価大「覇権争い」激化へ‐「脱池田大作」が強まるなか集団指導体制への動き
・雅子さま&愛子さまの「ご病状」に深まる疑惑‐天皇陛下退位より深刻な皇太子家の動向を追う
・沖縄「土人発言」巡る新聞&TV報道の矛盾を衝く‐活動家や文化人の悪態には問題ないのか?!
・安倍昭恵‐「沖縄大麻人脈」が危な過ぎる‐高樹沙耶や沖縄基地反対派との交流など疑問だらけ
 
 
・原子力発電「再生」へ 東電「原発事業分社化」&「廃炉・賠償」の行方 84
・〈中高年ノート〉 登山・水泳・マラソンを元気に楽しむ法‐過激なスポーツは逆効果だが
・百貨店‐旗艦も地方も5年内に消滅する‐客の変化や中国人の爆買い減少に気づかず転げた
・中高年の「バイアグラ信仰」襲う新事情‐新タイプのED治療薬も登場してシェア争いが過熱
・前立腺がん‐ロボット手術から化学療法まで
 
 
・〈スクープ〉 ロシア‐択捉に「核基地」を極秘に建設中
・≪ワシントンレポート≫ トランプ米次期大統領「同盟強化」し中国と対決へ――在米ジャーナリスト 古森義久
・米中「サイバー戦争」が日本を巻き込む‐空母「ロナルド・レーガン」への攻撃にトランプ氏は徹底反撃か
 
ページトップへ

 
電通/神戸製鋼/ローソン/東急電鉄/岩井コスモ/日本カーボン/東京建物/世界医師会
 
 
ページトップへ

・≪楽天家の人生発見≫ 「団塊の世代はよい上司になりえたか」 高橋三千綱
・≪日本警世≫ 外国はみな「いい国」と書く朝日新聞記者の自虐史観 ジジャーナリスト 高山 正之
・≪寸鉄録≫ 死刑廃止は世界の流れ?! 朝日新聞の嘘八百は続く エッセイスト 大澤 正道
・≪自衛隊密着ルポ≫ ロシア軍‐「北方の脅威」は高まっている ジャーナリスト 桜林 美佐
・≪中国の野望≫ 習近平・ドゥテルテ「握手」が日米を直撃 ノンフィクション作家 河添 恵子
・【大 喝】 無責任な大人よ自省しろ
・THEMIS EYE トランプを猝貉Δ鍬瓩砲靴唇打楴鸛蠅1月解散決断へ
・THEMIS LOBBY 麻生副総理の「腰痛」が日銀や補選で悪化へ?!
・社会短針 籾井NHK会長「続投説」浮上の怪を追う
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ

表紙/水野典子 カット/伊東恵美
写真提供/共同通信 産経新聞 時事通信

 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。