1月中に新規お申込みいただいた方に小冊子『老後を安心させる中高年の必須知識26』を差し上げます。
トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は2/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
 
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 岸田迷走-「官邸崩壊」&「外交失敗」広がる
岸田内閣の支持率やコロナ対策は軒並み評価が高まっているが、政権内の実態は混乱が広がりつつある。官邸では官房副長官の木原誠二氏の女性醜聞が飛び出したが早くも権力のバランスが崩れている。外交では林芳正外相の就任により米政権に不信感が高まっている。

【政 治】 維新‐参院選で「福山立憲民主前幹事長倒せ」に結集へ
 `21年11月の臨時党大会で松井一郎が日本維新の会代表を続投することになった。後継者不足という弱点が露呈し「松井攻撃」が激しくなる一方、役員人事では若返りが進んだ。維新は夏の参院選で立憲民主党前幹事長の福山哲郎氏を落として勢いをつけ、次期衆院選で野党第一党になると意気込む。

【政 治】 竹中平蔵-岸田政権でも「錬金術」に走る
岸田首相は「新しい資本主義」を掲げ新自由主義を見直すといったが、目玉政策「デジタル田園都市国家構想実現会議」の主要メンバーに竹中平蔵氏がちゃっかり入っている。最近の竹中氏はYouTubeチャンネルを立ち上げ、自分は弱者の味方だと主張するが、その実態は?

【経 済】 日本郵政‐「郵政株」3次売却も苦境続く
日本郵政グループの不祥事が続出するなか、「郵政株」の第3次売却が実施された。国の日本郵政への出資比率がようやく50%を下回り、経営に対する厳しい制約から外れるものの、増田寛也日本郵政社長の“攻めの手腕”は未知数だ。そうした不安は楽天との業務提携でも浮上している。

【社 会】 愛子天皇「待望論」に潜む期待と不安
`21年12月1日、ついに愛子さまが成年皇族になられた。小室圭氏との結婚を強行した眞子さんと比較する形で、国民からは祝福の声が上がったが、成年に伴う会見は3月中旬に延期されるという。そこには「愛子天皇」擁立に向けて宮内庁の綿密な計画が動き出している。

【社 会】 創価学会-池田名誉会長「不在」の中「一族排除」か
2022年1月2日、創価学会の池田大作名誉会長は、94歳の誕生日を迎えるが、もう10年以上も公の席には一度も姿を見せていない。そんななか公明党議員による不祥事が絶えない。公明党は人気取りのためか「10万円給付」に懸命だが、まず自らの襟を正すべきではないか!

【生活&文化】 オミクロン株‐感染力→重症化警戒せよ
`21年11月下旬に見つかった「オミクロン株」があっという間に世界中に広がった。だがデルタ株より感染力はあるものの、重症度については専門家の間でも割れている。私たちに出来ることは3原則(換気の励行、人の密度を下げる、近い距離で大声で話さない)ぐらいだが、これが大事だ。

【国 際】 金与正党副部長-新型ミサイル握り日本狙う
2011年12月、北朝鮮の金正日総書記が死去し、三男・金正恩が権力の座に就いてから10年が経ったが本当に彼が権力を掌握しているのかどうか怪しい。重要な「三大革命大会」にも出席しなかった。その裏では実妹・金与正の役割が日に日に高まっている!

ページトップへ

・岸田迷走‐官邸崩壊&外交失敗広がる
財務・経産対立や中国女性の罠も
支持率やコロナ対策では評価が高まる一方で早くも「茂市芳郎」の名前が浮上した


・【特集】皇室激震◆ゝ榮眥参与&有識者会議は役立たずだ
眞子さんを甘やかした
アドバイスを求められても体を張って正すことなく有効な解決策も見出せない


・田中日大前理事長&女帝の大胆錬金術あばく
拘置所内で奇矯な行動も
病気の妻を庇って白状したドンだが莫大なカネを巡って怪しい女性も蠢く

・【連載】 地方創生へ ^椽斬膣新沺昌纏も仲間も家もある町
ときがわ町(埼玉県比企郡)で住む
農業や農家民宿経営から仕事を紹介したり空き家を世話する人まで待っている
ノンフィクション作家 神 山 典 士

(最新号より注目記事を(無料記事一部掲載4本)

ページトップへ
膵がんを新ウィルス療法で撲滅へ
青木一教国立がん研究センター研究所副所長が挑む
早期発見が難しく進行も速い膵がん細胞をウイルスを応用して破壊する!
                    ジャーナリスト 安達 純 
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
・岸田迷走‐「官邸崩壊」&「外交失敗」広がる
財務・経産対立や中国女性の罠も
支持率やコロナ対策では評価が高まる一方で早くも「茂市芳郎」の名前が浮上した





 
 
・竹中平蔵?岸田政権でも「錬金術」に走る
・「情報通信省」創設へ 総務省分割が迫る
・維新‐参院選で「福山立憲民主前幹事長倒せ」に結集へ‐衆院選での躍進に乗って
・二階俊博‐「岸田抱き込み」復権めぐらす‐地方首長や役人が陳情や報告へ
・林芳正‐「外相」に燥ぐが「媚中」批判高まる‐次期総裁に急浮上するも
・泉健太立憲代表「政権取る気なし」の惰性哀れ‐党内対立や連合とも微妙で
・《政官パトロール108》吉田学厚労次官‐「コロナ絶滅」への熱気なし───ジャーナリスト 横田由美子
 
 
・日本郵政‐「郵政株」3次売却も苦境続く
・北尾吉孝SBIH D社長‐「第4メガ」に新難問襲う────経済ジャーナリスト 池原冨貴夫
・【リーダー登場】フジテレビ復権へ‐「改革」を断行する───金光 修(フジテレビ社長)
・山田進太郎メルカリ社長兼CEO‐「Shops」で新挑戦へ‐国内外フリマ&スマホ決済に続き
・制御機器・キーエンスの「魔法経営」解く‐滝崎武光名誉会長は「2度の倒産」超え
・バルミューダ「10万円超スマホ」で激戦区へ‐扇風機やトースターに続き
・《挑戦企業44》カイハラ‐備後絣の生産技術をデニムに───政策研究大学院大学名誉教授 橋本久義
    
 
 
 
 
 
《特集 皇室激震》
・愛子天皇「待望論」に潜む期待と不安
・宮内庁参与&有識者会議は役立たずだ

・田中日大前理事長&女帝の大胆錬金術あばく
・創価学会‐池田名誉会長「不在」の中「一族排除」か
・生前贈与&相続税を賢く活用する法‐「110万円」と「2千500万円」を見極めろ
・朝日新聞‐中国「ジェノサイド」隠蔽へ走る───東京大学史料編纂所 元教授 酒井信彦
・自衛隊‐「ハイブリッド戦争」へ備え急げ‐敵基地攻撃能力から宇宙戦まで
・半田晴久‐「ゴルフ愛」が世界に光を灯す‐低迷する男子ゴルフに喝!
・女子プロゴルファー「人気&実力」驀進中‐若手が国内外で華々しく
・「列車内事件」続発‐安全策はこれしかない‐「走る密室」の危険から逃れる法
・巨人は今年もダメだ‐「原全権」延長の闇‐「ドン・渡邉」が健在なら許さない
・【危機黒書15】リーダーの「不正や専横」の告発を怯むな‐妻に操られるトップも
地方創生へ 【特集 地方創生へ】 ・移住大歓迎‐仕事も仲間も家もある町
・「ふるさと納税」‐地方活性化の力に‐トラブルを超え市町村がユニークな商品で勝負へ
 
 
・オミクロン株‐感染力→重症化警戒せよ
・《原子力発電「再生」へ121》日本は原発再稼動で「賢い脱炭素」目指せ‐環境過激派は現実を見ず
・〈中高年ノート127〉大病招く「歯周病」‐糖尿病から心筋梗塞まで‐バカにしていると命取りに
 
 
・金与正 党副部長‐新型ミサイル握り日本狙う
・《ワシントン発》バイデン米国大統領‐「統治能力」欠如で混迷中────在米ジャーナリスト 古森義久
・習近平「北京五輪」危うし‐懐柔や反撃へ‐欧米のボイコットで日本接近へ
 
ページトップへ

 
日本郵船/三井不動産/日本製紙/JR北海道/キユーピー/オリオンビール/日本航空
 
 
ページトップへ

・日本警世 武蔵野市長に聞かせたいミャンマーの悲惨な現実 ジャーナリスト 高山 正之
・日本異人伝  島津義弘‐薩摩・大隅・日向を平定した名武将 東京大学史料編纂所教授 本郷 和人
・大 喝 首相は中国対応を誤るな
・政官界の内幕 「安倍-菅コンビ」復活の噂も?! 菅前首相が「反岸田」で動き出す
・THEMIS LOBBY 鐘紡「中興の祖」だった伊藤淳二氏99歳で逝く
・スポーツ短針 札幌五輪-バッハIOC会長の策謀斬る
・テレビ短針 『プレバト?』-学びをエンターテインメントに昇華 桧山珠美
・スポーツ短針 宇良と阿炎が初場所を沸かす
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ


 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。